他の人よりも胸が小さいと気づいたとき

私が胸が小さいという事を気にし始めたのは、高校生の頃でした。
周りの友達は胸の大きい子が多かったのですが、それに比べて私はすごく胸が小さかったので・・・クラスの男の子達に他の女の子は胸があるのにお前にはないとか本当は男なんじゃないの??などとからかわれた事もあってすごくショックを受けました。

体育の授業で着替えをする時にもついつい他の女の子の胸と自分の胸を見比べてしまって、自分の胸の小ささにショックをうけつつ、他の女の子が羨ましいなぁと思っていました。

自分の小さい胸をみられるのがとても恥ずかしくて、他の人から見えないように一生懸命隠しながら着替えていた思い出があります。

また、高校の体育の授業では夏場には水泳もあったので、水着を着ると胸が小さい事が更に丸分かりになってしまってとても恥ずかしかったです。

その為、水泳の授業が物凄く憂鬱で、よく見学したいなと思いながら水泳の授業を受けていました。

修学旅行などお泊りの場では、女の子同士がつけている下着の見せ合いなどをよくしていたのですが、私は胸の小ささがコンプレックスだった事と胸のサイズ的に他の女の子達みたいな大人っぽいブラジャーを付けられず子供っぽい感じだったので・・・見せるのが物凄く嫌だったし恥ずかしかったです。

一緒にお風呂に入った女の子に胸ちっちゃくて可愛いねと言われた事もあったのですが、胸が小さい事がコンプレックスだった私にはどう返事を返していいのか分からず黙り込んでしまった事もありました。

制服や体操服、そして私服でも胸のあたりに膨らみがないので胸の辺りがストーン!とした感じになってしまって、女の子らしさが感じられないのもとてもコンプレックスでした。

他の子達は可愛い服を大人っぽく着こなしているのに、私が着ると体系的にも子供っぽい感じにしかならず・・・他の子達と一緒に並ぶのが物凄く辛かったです。

私も皆と同じように胸が大きかったらこんなに悩んだり恥ずかしい思いをする事はなかったと思うし、もっと自分に自信を持つ事が出来たんじゃないかなと思っています。

Continue Reading